この継手は、継ぎ目の厚さがほとんど変わらないので、厚さ精度が必要な場面で用いられます。しかし、強度がスカイブ継ぎ手に比べて低いので、重量が比較的軽い製品に用いられます。

フィンガー継手は軽負荷でベルト厚さ精度が要求されるところ、小プーリやナイフエッジで使用するところに適しています。

スカイブ継手は、接着面が大きく、強度が高いため、比較的重量の重い製品で用いられます。しかし、接着面が盛り上がるために、厚さ精度の要求されるラインには向きません。

フィンガー継手との特徴の違いを十分考慮して継手を決める必要があります。

ベルトの片寄り、蛇行を防止するためベルトのプーリ側(裏側)にガイドを取り付けてプーリに設けられた溝にはめ込みます。

材質は、ポリウレタン、PVC、があり、衛生面に優れた防菌防カビポリウレタンが使用されます。

 

整列搬送や荷こぼれ防止、または傾斜搬送時の搬送物のすべり防止として、各種の桟をベルトに取り付けることができます。

ご使用の環境に合わせご選定ください。

当社はあらゆる形状に対応しています。

円三加工有限会社

〒460-0011

愛知県名古屋市中区大須一丁目23番61号

TEL  052-231-4664

FAX  052-231-4672